家を建てる時の相見積もりの取り方教えます!効果抜群の見積もり依頼方法を解説

家を建てる時の相見積もりの取り方教えます!効果抜群の見積もり依頼方法

家を建てる時の相見積もりの取り方が分からない方に、効果抜群の見積もり依頼のやり方を伝授します!

家を建てる時に『相見積もり』を取って、見積もりの比較をすると良いといわれています。
しかし、建築工法や建築構造、使用部材や導入設備が異なり、仕様が同一ではない注文住宅で、相見積もりはどのように取ればいいのでしょう。

 

また、見積もり金額だけを単純に比較できない注文住宅において、相見積もりの比較は何をポイントに見ればいいのでしょう。

 

ここでは、そんな注文住宅における効果的な見積もりの取り方や相見積もりの比較ポイントを解説します。

 

それでは、まいりましょう!

そもそも相見積もりとは

相見積もりとは、複数の業者から見積もりを取ることです。
通常、同じものや同程度のものを購入する際の価格や、サービスを受ける際の費用金額などを比較します。

 

相見積もりとは

 

見積もりを提示する側(業者)は、他社に負けないように価格を設定したり、好条件のサービスを提供するように努力します。

 

そして見積もりを依頼する側(お客さん)としては、同じものならより安い価格で購入したり、より好条件のサービスを選択することができる大きなメリットがあります。

 

では、注文住宅の家を建てる場合には、相見積もりでどのようなメリットがあるのでしょうか?

 

この上でも書きましtが、そもそも注文住宅では、同条件ということはほとんどありません。

 

同条件ということは、建築工法、建築構造、間取り、部材、設備などが同じ、もしくは同等の仕様で見積もりを提示してもらうことになります。

 

その上で建築費用の比較をするならば、見積もり金額の安い業者を選ぶことができます。

 

つまり、注文住宅の建築費用の比較をするならば、同じような家を建てる住宅会社を数社選択して、見積もりを依頼することになります。

 

しかし、ほとんどの住宅会社はそれぞれに個性を持っているのが普通ですから、同じ家を建てる会社で比較検討することは難しいと言えるでしょう。

 

あえて近い例を考えるとするならば、例えば大手ハウスメーカーの軽量鉄骨造プレハブ住宅で同じ大きさの家を建てる場合の見積もりを比較してみるのは、同条件に近い見積もり比較と言えるかもしれません。

 

それでもやはり、同じプレハブ住宅と言ってもハウスメーカーごとに違う特徴があるため、一概に見積もり金額だけで比較することができないことはおわかりいただけると思います。

 

以上のように複数社の見積もりを取っても比較検討が難しそうな注文住宅なのに、相見積もりを取る必要性やメリットはあるのでしょうか?

 

答えは、イエスです。

 

相見積もりを取ることは、とても大きなメリットがありますし、理想の家づくりに成功するための可能性をダンゼン高くしてくれます。

 

ただし、注意したいことは、注文住宅における相見積もりは、一般的に考えられている相見積もりの比較とは別ものであると覚えておくといいでしょう。

 

一般的な相見積もりの比較とは、例えば同じ商品を購入する際に、複数業者で見積もりを取り見積もり金額を比較することです。

 

では、注文住宅における相見積もりの持つ意味やメリットについて解説しましょう。

注文住宅で相見積もりを取る本当のメリットとは?

相見積もりというと、ついつい金額の方に目がいきがちですが、注文住宅における見積もりを取って比較する上で大切なことは、建築プランを見ることです。

 

建築プランとは、家の間取り図や外観(デザイン)、建築工法や建築構造、使用する部材や導入設備、そしてその家の特徴などです。

 

注文住宅会社が見積もりを提示する場合には、依頼者の予算と希望内容をもとに建築プランを考え見積もり金額を算出することになります。

 

住宅会社側は、お客さんにたいして『ご予算とご希望をもとに建築プランを考えてみました。お見積もりについてはこのようになっていますが、いかがですか?』という提案をします。

 

見積もり依頼者である私たちは、建築プランと見積もりをじっくりとチェックします。

 

複数の注文住宅会社に見積もりを依頼すると、作成された建築プランと見積もりにはいくつかのパターンの提案を見ることができます。

 

例えば、

  • 希望が叶えられた家で、見積もりも予算通り
  • 希望は叶えられているけど、予算オーバー
  • 希望通りではないけど、予算内
  • 希望通りとはいかず、予算オーバー

さらに、
生活動線がきちんと考えられた間取りであったり、様々な工夫が見られて、住む人の立場にたった家を提案してくれる会社もあれば、希望通りではあるけれど、それ以上の工夫が見られず提案力に疑問を感じる会社もあります。

 

また見積もり額が予算オーバーしている場合であっても、それは、例えばアトピーの子供さんを持つ家庭のために、空気汚染がない材料をとことん使ってくれたためとか、安くて耐久性の劣る素材ではなく高くても耐久性に優れた素材を採用して、将来のメンテナンス費用を考慮したプランを提案してくれることもあります。

 

予算オーバーが許容の範囲を大きく上回っていては問題ですが、上記のような場合、家族が健康で明るく暮らせるとか、将来的に結局は安上がりになれば、予算の見直しもアリではないでしょうか。

 

このようなことは、見積り依頼をして実際に建築プランをもらわないと分からないことが多いですね。

 

そして、建築プランを比較検討してみると、それまでなんとなく上位候補に考えていた住宅会社よりも、あまり気にしていなかった住宅会社の方が、理想の家づくりに適していることが分かる場合もあります。

 

もちろん、『やっぱり自分が建てたいと思っていたメーカーが一番良かった。』と確認できることもありますが、それは相見積もりで比較したからこそ確認できることです。

 

以上のように、注文住宅で相見積もりを取ることは、理想の家を建てるために大きなメリットがあることはお分かりいただけたと思います。

 

ただし、このようなメリットを活かせる相見積もりには、取り方のコツがあります。

 

では、その相見積もりの取り方のコツを解説しましょう。

見積もりを依頼するときのコツ

見積もりを依頼するときのコツは、次の3つです。

  1. 予算をしっかりと伝える
  2. 希望や要望を具体的にまとめて伝える
  3. 家族の健康を守る家にしたいことを伝える

では、この3つについて詳しく解説しましょう。

 

1 予算をしっかと伝える

家づくりをする人の中には、自分が希望する家をいくらで建てることができるかということから予算を考える人もいますが、それは、よほどお金に余裕がある人か、家づくりの方法を間違えて考えている人でしょう。

 

満足できる家を建てて、将来的にゆとりある暮らしができてこそ、理想の家づくりに成功できたと言えますね。

 

どれほど立派な家を建てることができても、ゆとりある暮らしができないようでは、家づくりに失敗したとしか言えません。

 

家づくりに成功するためには、注文住宅会社に希望予算をしっかりと伝えて建築プランを考えてもらうことが重要です。

 

では、希望予算内で建築プランを作成してもらうための予算の立て方を考えてみましょう。

 

家づくりにかけることができる総予算を計算しよう!

総予算の計算で重要になるポイントは、家づくりのための現金をいくら用意できるかを把握することです。

 

では、予算を立てる方法はいくつかありますが、おすすめの予算の立て方の手順を実例で紹介します。

 

(1)現金(貯金)がいくらあるかシビアに出す。

 

預貯金を含めて、現金がいくらあるのか出します。
家を建てるにあたって、親などから援助金をもらえる場合はそのお金も含めます。

 

【例】現在の現金を700万とします。

 

(2)将来のライフプランを考え、現金をいくら残すかを決める。

 

ライフプランとは生涯設計のことですが、深く考えたことがある人は案外少ないようです。

 

しかし、ライフプランを考えることは、いざというときにお金に困らないようにするためとか、不安のない老後生活を送るために良いことです。

 

家を建てることは、ライフプランをしっかりと考える良いチャンスとなりますね。

 

とはいっても、どのように考えればいいのか分からないという人もおられると思います。

 

そんな方におすすめしたいのは、ネットでライフプランをシミュレーションしてくれるサービスを利用することです。

 

無料で利用でき、登録も不要で気軽に利用できるサービスはいくつかあるので試してみるといいでしょう。

 

例えば、ゆうちょ銀行のライフプランシミュレーションがこちらです。

 

⇒ ゆうちょ銀行ライフプランシミュレーション

 

このようなシミュレーションを行って、今ある現金から残すお金を決めてみましょう。

 

【例】ここでは残す現金を400万円とします。

 

よって、家づくりに使えるお金は、
700万円 − 400万円 = 300万円
となります。

 

(3)家づくりの総費用を仮計算してみる。

 

一般的に家づくりの総費用の内訳は次のような割合になるといわれています。

  • 本体工事費:総費用の7割
  • 別途工事費:総費用の2割
  • 諸費用:総費用の1割

※この割合は、あくまで目安とする数値であり、家を建てる条件によって違いが生じます。

 

諸費用の多くは現金が必要になるため、(2)で決めた現金の300万円を諸費用に充てることにします。

 

ここでひとつの悩みどころが頭金をどうするかです。

 

現在、住宅ローンの金利は大変に低い水準となっているため、頭金を多く入れる必要はないと考えられます。

 

また、過去には住宅ローン(例えば住宅金融公庫)を利用する条件として2割の頭金が必要とされる時代がありましたが、現在は頭金ゼロでもローンが組めるようになっています。

 

住宅ローンで頭金を入れるのが普通という考えは、過去の話だと考えていいと思います。

 

とはいえ、頭金を入れた方が金利がさらに有利になる場合もあるため、金融機関に相談することをおすすめします。

 

ここでは、低金利の恩恵にあずかることを優先にして、頭金はとりあえずゼロで考えてみたいと思います。

 

それでは、諸費用を300万円として、それをもとに総費用を算出してみましょう。

 

諸費用は総費用の1割ですから、300万円を0.1で割ると総費用が算出できます。

 

300万円 ÷ 0.1 = 3000万円

 

総費用は3000万円となりました。

 

(4)それぞれの費用を計算する。

 

家づくりの費用の割合をもとに総費用から、それぞれの費用を計算してみます。

総費用 3000万円
本体工事費 3000万円×0.7 2100万円
別途工事費 3000万円×0.2 600万円
諸費用 3000万円×0.1 300万円

 

(5)住宅ローンが余裕で返済できるかシミュレーションしてみる。

 

本体工事費と別途工事費の合計の2700万円を住宅ローンで借り入れなくてはなりません。

 

住宅ローンのシミュレーションはネットで簡単にできますから確認してみましょう。

 

⇒ 住宅ローンシミュレーション(住宅保証機構)

 

住宅ローンの毎月の返済額に問題がなければ、ここで算出した費用を見積もり依頼の予算とします。

 

住宅ローンの返済に問題を感じたら、費用の見直しを検討し予算を決めます。

 

2 希望や要望を具体的にまとめて伝える

どんな家を建てて、どんな暮らしがしたいのかの希望を伝えられるようにまとめます。

 

希望は、抽象的ではなくできる限り具体的に伝えると建築プランを提案する側も希望に沿った家のプランを考えやすくなります。

 

またすべての希望を叶えることは難しい場合もあるので、希望には優先順位をつけておくとなおいいでしょう。

 

さらに、これだけはこだわりたいという希望については、しっかりと伝えておく必要があります。

 

建築プランが提出されたときにもし、
「どの会社も自分が思い描いた家とは違うなあ?」
ということになった場合は、住宅会社のプランを立てる能力よりも、希望の伝え方に問題があったことを疑った方がいいかもしれません。

 

そのようなことにならないためにも、希望はしっかりとまとめて伝えましょう。

 

3 家族の健康を守る家にしたいことを伝える

子供がアトピーであるとか、家族のだれかがぜんそくであるなどといった、何らかのアレルギー反応をするなどの症状があることも伝えることが大切です。

 

どんなにカッコ良く立派に見える家であっても、健康被害を及ぼす家に暮らすことは避けたいものです。

 

過去にシックハウス症候群が問題視された頃より、住宅に使われる化学物質などに基準値などが設定されましたが、それだけで問題解決になっていないことも多々あります。

 

住宅メーカーには、家族の健康を守る家で暮らすことを大前提に考えていることを伝えても良いでしょう。

 

そして、提案された建築プランで健康に暮らすことができるかどうかを見極めましょう。

相見積もりの取り方

相見積もりの依頼のコツから、実際に依頼するための準備を整えることはできましたでしょうか?

  • 予算は立てることができた
  • 希望やこだわりをまとみることもできた
  • 健康住宅の暮らしについても伝えられる

 

あとは、住宅メーカーに行って見積もりを依頼するだけです。

 

・・・といわれても、

・どこに行っていいのか分からない
・なんとなく行きづらい
・緊張する
・めんどくさい
・忙しくて行くひまがない

などなどの理由で、前に進めないという方もおられると思います。

 

また、実際に見積もり依頼に行ってみた方の中には、

・1社行っただけで疲れてしまった
・1社だけで時間がかかって複数社行けない
・仮契約してもらわないとプランの作成はできないと言われた

というような経験をされて、こちらも前に進めない方もおられます。

 

そんな方々にぜひ一度試していただきたいのが、ネットで複数の注文住宅会社に見積もり依頼ができる無料サービスです。

ネットの見積もり依頼ページの入力項目に1度入力して送信するだけで、概算見積書と間取りプランを複数の注文住宅会社が作成してくれるという、相見積もりをどうやって取ったら分からないとか不安がある方にとってはありがたいシステムです。

そんなサービスを提供してくれるサイトが、タウンライフ家づくり
というネットサービスです。

 

タウンライフ家づくりは、注文住宅の一括資料請求サイトの中のひとつです。

 

一括資料請求というと、住宅メーカーのカタログを一度の入力で収集できることが特徴ですが、タウンライフ家づくりはカタログに加えて、間取りプランや見積書も同時に手に入れることができるサイトです。

 

わざわざ1件ずつ地道に住宅会社に行くことなく、パソコンやスマホから一度の入力をするだけで、複数の注文住宅会社に間取りや見積もりを依頼できます。

 

これならば、相見積もりの行動に移せない方や、相見積もりが上手くできなくて困っている方でも見積もり依頼ができそうですよね。

 

もちろん、完全無料で費用は一切かかりませんし、運営はダーウインシステム株式会社という信用のおける会社ですから安心です。

 

ただ、ネットでタウンライフ家づくりの口コミなどを見ていると、

  • 依頼をしたのに間取りも見積もりももらえなかった。
  • しつこい電話だけあった。

というような意見を目にします。

 

しかし、間取りプランと見積書をもらえなかった方たちには、その原因となる共通した理由があります。

 

その原因とは、『希望や要望を具体的に書いていない』ということです。

 

希望や要望を相手に具体的に伝わっていなくては、プランを作成する方も作りようがありません。

 

そして、希望や要望を聞くために電話を入れると、『しつこい電話』と言われてしまっては依頼された方もたまったものじゃありません。

 

でも、あなたは安心してください。

 

なぜなら、この記事の中でも説明した通り、もうすでに相見積もり依頼の準備はできるようになっているからです。

  1. 見積もりを依頼するための予算もバッチリ!
  2. 理想の家づくりのための希望やこだわりもバッチリ!
  3. 家族が健康に暮らすための要望もバッチリ!

この3つをタウライフ家づくりを利用するときに、しっかりとと記入しておけば、ちゃんと間取りプラや見積書の作成をしてもらえるはずです。

 

タウンライフ家づくりでもらえる複数社の間取りプランや見積書を見比べることで、建築プランってこういうものなんだということが理解できると思います。

 

タウンライフ家づくりでもらった間取りプランや見積もりを比較検討することで、家づくりの知識が深まり、理想とする家のイメージがつかめてくるでしょう。

 

そうなれば、タウンライフ家づくりには登録していない住宅会社にも見積もり依頼をすることは難しくなくなってくるはずです。

 

 

以上が、はじめての家づくりにおけるおすすめの相見積もりの取り方です。

まとめ

この記事では、注文住宅での相見積もりのメリットや、相見積もりを取るための準備と実際の相見積もりの取り方について説明しました。

 

相見積もりの取り方が分からないという方や、なんとなく難しそうと思われて前に進めない方にとって、タウンライフ家づくりは大変に役に立つ便利なサイトです。

 

タウンライフ家づくりをきっかけにして、理想の家を建てる夢を前進させましょう!

 

理想の家を建てて家づくりに成功するための鍵は、それを実現してくれる最適な業者を見つけることです。

 

その可能性をグンと大きくしてくれる手段が相見積もりであることは間違いありませんから、ぜひ実行してみてください。

家づくりでお悩みの方へ

家づくりを始めるけど何からすればいいのか分からない方や、すでに始めているけど不安や疑問で前に進めない方などの悩みを解決します!

家を建てるのに何からすればいいのか分からない、前に進めない悩み解決 >>