家を建てる時に風水や家相は気にした方がいい!そのワケとは?

家を建てる時に風水や家相は気にした方がいい!そのワケとは?

 

家を建てる時には、風水や家相を気にする人と全く気にしない人に分かれるといいます。
信じる信じないは個人の自由ですが、風水や家相にはそれぞれ意味があります。
それぞれどんな意味があり、どう活用すればいいのか説明していきます。

 

 

風水と間取りの関係

風水と間取りの関係

 

風水とはもともと環境学と統計学の部類に入る、中国で生まれた学問です。
中国では古くから、住まいの位置を決める時に、気の動きを考えて風水が使われていました。

 

風水では北東の方角を鬼門といい、この方角に玄関とキッチンなどの水回りは置かない方がいいといわれています。
風水では家の顔である玄関から良い気が入ってきて、家全体に流れていくとされています。

 

またキッチンは人のエネルギー源となる食べ物を扱う場所なので、朝日のあたる東南が吉方だといわれています。
さらにお風呂やトイレなどの水回りは湿気やすいため、鬼門は避けた方がいいとされています。

 

家相と間取りの関係

 

風水の一部分が中国から伝わり、日本独特の環境学となったのが家相です。
もともとの風水をアレンジしたようなものなので、家相でも鬼門や裏鬼門という言葉が使われます。

 

基本的に吉方や凶方は風水と同じですが、家相は現代の住宅事情を考慮した柔軟さがあります。

今の日本の住宅で、全て吉方の間取りの家を建てることはほぼ不可能です。

 

家相と間取りの関係

 

しかしながら住宅の性能は上がっていて、断熱性や気密性も高くなっているため、北風などの影響を受けることもありません。
家相ではたとえ凶方にトイレなどがあっても、環境を整えて清潔にしていれば凶は小さくなるとされています。

 

快適で健康にいい家は吉相

快適で健康にいい家は吉相

 

風水や家相で吉だとされるのは、風通しや明るさです。
明るさは陽のエネルギーを持っていて、風は陰のエネルギーである湿気を払います。

 

また常に掃除をかかさず清潔であることも、重要なポイントだとされています。しかるべき場所に光が入り、風が通る家で暮らすことは、快適で健康にいい生活ができるということです。

 

もともと風水や家相を気にする人は、家族が健康で快適に暮らせるようにと願っている人です。
思うように吉方に間取りをとれない場合は、照明を明るくしたり観葉植物をおいたりといった、運気アップの方法を取り入れてみるものおすすめです。

 

風水や家相は学問の一種なので、読み解いてみると納得できる部分がたくさんあると思います。
それぞれの意味について考えてみることは、理想の家を建てるための参考になることまちがいなしです。

 

風水や家相は、そこで暮らす人が健康で元気でいられるための知恵と工夫を先人たちが伝えてくれたもので、決して間違った教えではないわけですから、気にするだけでも家族が幸せに暮らせる理想の家づくりに近づけると思います。

家づくりでお悩みの方へ

家づくりを始めるけど何からすればいいのか分からない方や、すでに始めているけど不安や疑問で前に進めない方などの悩みを解決します!

家を建てるのに何からすればいいのか分からない、前に進めない悩み解決 >>