家を建てる時の夫婦喧嘩を避ける方法とは?こうすれば夫婦仲は悪くならない!

家を建てる時の夫婦喧嘩を避ける方法とは?こうすれば夫婦仲は悪くならない!

 

家を建てる時には、必ず一度は夫婦喧嘩になるといわれています。
中には離婚にまで至ってしまうケースもあり、夫婦仲に大きな影響を与えかねません。
どんなことに気をつければ、夫婦喧嘩を避けることができるのでしょうか。

 

 

お互いの希望を全て書き出してみる

家の希望をノートに書き出す

 

家を建てる時になぜ夫婦喧嘩になるかというと、お互いが違う意見を持っていてそれを通そうとするからです。
まれに夫婦喧嘩を一度もしない人もいるようですが、その場合はどちらかが全権を握っていて、全て一人で決めているといいます。

 

しかしこれでは、家が建った後も不満が残ってしまいます。まずは夫婦お互いの希望を全て、ノートに書いてみましょう。
そしてどうしてもゆずれないものには二重丸をつけるなどして、希望の優先順位をつけます。

 

その上でどの希望を採用するか、二人でじっくりと話し合いましょう。
希望を書き出すことで、お互いが何にこだわりをもっているかわかってくると思います。

 

決定権を振り分ける

夫婦喧嘩を避けるために決定権を振り分ける

 

夫婦喧嘩を避けるためには、場所毎に決定権を振り分けることも非常に効果的です。
例えば妻はキッチンなどの水回り、夫は書斎と寝室というふうに担当を決めてしまうのです。

 

意見が対立した時は、決定権のある方に従うようにすれば、夫婦喧嘩になることもないでしょう。
決定権の振り分けは、主にその場所をよく使う人を優先するとうまくいきます。

 

家の場所をよく使う人を優先

 

特にキッチンはよく使う妻に一任して、夫は一切口出ししないというのも夫婦仲を円満に保つ秘訣です。
決定権を役割分担することで、その場所に対する責任感が強まるため、「本当に自分が考えていることで大丈夫か?」ということをより深くしっかりと慎重に考えるようになります。
そうすると客観的に冷静な気持で検討することにもなるので、自分の思いだけを無理に押し通すことがなくなります。

 

また、リビングなどの共有部分は、可能な限り二人の意見を半々に採用する方がいいでしょう。

 

予算は二人で把握する

 

家を建てる時の夫婦喧嘩で最も多いのが、お金に関する喧嘩です。
どちらかが予算を全く把握していなくて、好き勝手に希望ばかり通そうとすると、夫婦仲にひびが入ってしまいます。

 

予算は二人で把握する

 

お金でもめる場合、最終的には予算を把握している方が我慢して、自分の希望を通せなくなるケースが非常に多いようです。
しかしその分不満だけがつのるので、結局後々まで喧嘩することになってしまいます。

 

またどちらかの言いなりになっていて、大幅に予算オーバーすることもあります。
住宅ローン返済を踏まえて総額で出せる予算を二人で把握し、不公平にならないように希望を叶えていくのが理想的でしょう。

 

焦らずイライラせず相手を思いやるゆとりの気持が持てるといいですね

 

誰だって夫婦喧嘩がしたくて喧嘩になるわけじゃないですよね。

 

お互いに共通している気持ちとしては、良い家を建てて家族が幸せに暮らしたいということでしょう。

 

例えば、主婦(夫であっても)がキッチンにこだわるのも料理がしやすいキッチンで家族に美味しい料理を食べてもらいたいという気持があるからこそ憧れも強くなるのでしょうし、夫(主婦であっても)が趣味などで使える空間がほしいと願うのは、ストレスを解消することで家族と円満に暮らすためでもあるでしょう。

 

それをお互いが贅沢だとかもったいなから必要ないと決めつけてたり、否定ばかりしてしまっては、そりゃあ喧嘩にもなりますよね。

 

自己主張ばかりすることは問題ですが、相手の立場になって考えてみることや、相手も気持を理解する思いやりも大切です。

 

ところが、家づくりを進めていると、ついついいそんな気持になれず喧嘩になってしまうこともしばしばおこります。

 

悪い夫婦仲

 

その一番の原因は、家づくりは本当に大変で、やらなけばならないことや判断して決めないことが次々とでてきて、それが疲れや焦りとなってイライラしてしまうんです。

 

イライラ状態でいると、ほんの些細なことで喧嘩になったり、相手の立場や気持ちを考える余裕もなくなることで、ついつい思ってもいないことを口にしてしまうことに・・・

 

まあ、これは私が家づくりをしたときの経験上の話ですが、資金計画や家のプラン(間取り)やハウスメーカー選びで悩んでいるときに、ついついイライラして夫婦喧嘩になり妻を泣かせ、その後いつも「しまった。悪いことを言ってしまった。」と悔やむことが度々ありましたね。

 

自分としてはじっくりと一生懸命に考えているつもりが、どこかで焦りを感じたり独りよがりになっていて、妻の気持や考え方に考慮する余裕がなくなってしまていたのだと思い、それを反省しました。

 

そして、焦ることなく二人で少しずつ家づくりをじっくりと楽しんで進めていくことにしてから夫婦喧嘩はほとんどなくなりました。

 

私の経験談が参考になるのかは分かりませんが、これだけは覚えておくといいと思います。

理想の家づくりは本当に大変で、取捨選択の連続であり迷うことや悩むことは数多くあります。
そんなとき、焦りはイライラやストレスの元にしかならず良いことは何もありません。
特に家の工事が始まるまでが最も大変ですが、理想の家づくりには重要な期間です。
そこを頑張って乗り切れば満足できる家づくりはもうすぐそこ!
焦ることなくじっくと取り組むという覚悟を決めて、夫婦で家づくりを楽しむ気持で進んでいけると良いですね。

とはいっても、夫婦の意見が合わずついつい夫婦喧嘩になってしまうこともあるでしょう。

 

そんなときは!

 

家を建てる時には夫婦喧嘩はつきものだと、開き直ってみるのもひとつ手です。
どこの家庭もそうなんだ、自分たちだけじゃないんだと理解すると、気持ちも楽になると思いますよ。

 

そして、また一歩前に進んでいければいいですね。

家づくりでお悩みの方へ

家づくりを始めるけど何からすればいいのか分からない方や、すでに始めているけど不安や疑問で前に進めない方などの悩みを解決します!

家を建てるのに何からすればいいのか分からない、前に進めない悩み解決 >>