家を建てる時に貯金はどう使うべき?正しい貯金の使い方と残し方

家を建てる時に貯金はどう使うべき?正しい貯金の使い方と残し方

 

いつか家を建てるために、毎月こつこつと頭金貯金をしている人は多いと思います。
しかしながら家を建てる時は、貯金は全て頭金として使ってよいものなのでしょうか。
貯金の正しい使い方と残し方について、説明していきましょう。

 

 

頭金はなくても大丈夫

 

家を建てるための貯金というと、誰もが頭金のための貯金だと思うでしょう。
しかし頭金を2割以上は貯めるべきというのは、ひと昔前の住宅ローンを組む場合の話です。

 

 

現在は非常に低金利でローンが組めるため、逆に頭金を貯めていると損をするという意見すらあります。
実際に頭金がなくても住宅ローンを組める金融機関も多く、みなさん頭金なしで住宅ローンを利用しています。

 

 

肝心なのは毎月のローン返済金額で、年収金額にもよりますが、目安としては年収の20%〜25%以内におさまっていることが大切だと言われています。
もちろん貯金が1000万円あるという人は、頭金にたくさん使うと毎月の負担が減るので、それにこしたことはありません。

 

 

現金で支払う諸費用に注意

 

頭金よりも先に考えておかなければいけないのが、現金で支払わなければならない諸費用です。
諸費用は一般的に、住宅購入資金の約5〜10%くらいかかるといわれています。
現金で支払わないといけない諸費用は、主に次のようなものです。

 

  • 契約時の手付金
  • 売買契約書の印紙代
  • 住宅ローン契約書の印紙代
  • 住宅ローン手数料
  • 登記費用
  • 火災保険料
  • 引越費用

 

家を建てる時に貯金はどう使うべき?正しい貯金の使い方と残し方

 

この他に金融機関によっては、ローンの保証料も現金で支払わないといけない場合があります。
保証料の金額も金融機関によって大きな違いがあるので、前もって調べておかなければなりません。

 

 

家を建てた後に残すべき貯金

 

新居に引っ越したあとにも、貯金は残しておくべきです。家を建てた後から必要な現金は、主に次のようなものがあります。

 

  • 不動産取得税
  • 固定資産税
  • 当面の生活費

 

不動産取得税は家を建てて半年〜1年くらいに、納税通知書が届きます。
固定資産税は毎年納付しないといけないので、年間の経費に計上しておきましょう。

 

 

また家が新しくなると、家具や家電などの買い替えを検討する人多いので、その資金も必要になります。
全ての貯金を使ってしまうのは不安なので、多くの人は当面の生活費として月給3ヶ月分くらいの貯金は残しているようです。

 

 

金利が高い時代は、頭金をなるべく多くしてローン返済額を少なくするのが一般的でした。
現在はまず貯金は諸費用にあてて、当面の生活費を残した上で頭金を支払うのが主流になっているようです。

 

 

また、住宅ローン控除や住宅給付金などの補助金をより多くもらうために頭金を入れないで貯金をしておき補助金を最大限もらってから貯金しておいたお金を住宅ローンの繰り上げ返済に充てるといった方法なども考えてみるといいでしょう。

 

家を建てるなら給付金をもらわないなんて損!給付金のもらい方を紹介!

 

いずれにしても、家を建てた後に貯金が少なくてはいざというときにお金がなくて困りますし、そんなことを心配しながらの生活はいつも不安がつきまとうので、よほどのことが起きない限り大丈夫程度の貯金を残しておくと安心した暮らしができますね。