家を建てる時に必要な現金はいくら?これだけ用意しておけば安心です。

家を建てる時に必要な現金はいくら?これだけ用意しておけば安心です。


住宅ローンを組んで家を建てる人がほとんどですが、実は現金で支払わなければいけない費用があることをご存知でしょうか。

意外と見落とされがちなので、いざとなって困る人も多いようです。家を建てる時に必要な現金について、まとめてみることにしましょう。


家を建てる時に必要な現金

土地を購入する場合に必要な現金

土地を購入する場合に必要な現金

家を建てるための土地を購入する場合には、次のような現金が必要になります。

  • 手付金
  • 売買契約書に貼る印紙代
  • 土地の仲介手数料

一般的に手付金は、土地代の10%くらいになるケースが多いようです。
さらに家を建てる時には、次のような現金が必要です。

家を建てる時に必要な現金

家を建てる時に必要な現金

  • 地盤調査代金
  • 住宅性能表示制度費用
  • 契約金
  • 工事請負契約書に貼る印紙代
  • 建築確認申請費用
  • 近隣への挨拶回りの粗品
  • 地鎮祭費用
  • 上棟式費用
  • 登記費用

住宅性能表示制度は、必ずしも利用しなければいけないものではありません。
また地鎮祭や上棟式も省略したり、簡素に行うこともできます。
全て行う場合は、30〜50万円ほどの現金が必要になります。

住宅ローン借入時に必要な現金

住宅ローン借入時に必要な現金

住宅ローンを借り入れする時にも、次のような諸費用が発生します。

  • 頭金
  • 印紙代
  • 抵当権設定の登録免許税
  • 融資手数料
  • 保証料

住宅ローンを借り入れする時に、最も高額なのはローンの保証料で、3000万円を借り入れた場合60万円かかる金融機関もあります。
中には保証料を0円としている金融機関もあり、銀行によってかなり違いがあります。

家を建てる時に必要な現金はいくら?これだけ用意しておけば安心です。

これらの諸費用は全て現金で払わないといけない銀行と、住宅ローンに組み込める銀行に分かれます。
手持ちの現金が少ない人は、ローンを利用できる金融機関を選ぶ方が無難でしょう。

家を建てた後に必要な現金


現金は家を建てた後にも必要になり、主に次のような費用がかかることを知っておきましょう。

  • 火災保険料
  • 引っ越し費用
  • 不動産取得税
  • 外構工事費用
  • 新しい家具や家電代金

外構工事費を含めて住宅ローンが組める場合は問題ありませんが、そうでない場合はかなりの額の現金が必要になります。

また新築の家を建てると、家具や家電も買い替えたくなるため、予定以上に現金が必要になるケースも少なくないようです。
火災保険と引っ越し費用だけでも、40万円くらいは必要になるでしょう。

一般的には建物代の約10〜20%の現金が必要といわれていますが、場合によってはそれ以上必要になることも少なくありません。
現金払いが必要な諸費用をしっかり頭に入れて、家づくりをすすめていきましょう。

家を建てる時、現金がそんなに必要なんて想定していなかったという方へ


家を建てる時は、どうしても本体費用に考えがいきがちで、「頭金をいくら入れて足りない分を住宅ローンで借入れよう」ということが中心になります。

しかし、ここまで説明したように意外と現金が必要になることがお分かりいただけたと思います。

「でも、頭金以外に家づくり用の自己資金がないから困ったなあ〜 どうしよう?」というような悩みが出来てしまった方もおられるでしょう。

現金がそんなに必要なんて想定していなかった

実は今の時代、頭金なしでも住宅ローンは組めますし、そもそも頭金をなしにした方が良いというな場合もあります。
だとしたら、頭金として用意しておいた現金を家を建てる時に必要となる現金の支払いに回すことができますね。
家を建てるときに頭金なしの方が有利になる場合もあることをこちらの記事にまとめましたので参考にしてください。

家を建てる時、頭金なしの方が有利になるって本当?


家づくりでお悩みの方へ

家づくりを始めるけど何からすればいいのか分からない方や、すでに始めているけど不安や疑問で前に進めない方などの悩みを解決します!

家を建てるのに何からすればいいのか分からない、前に進めない悩み解決 >>