家を建てるなら給付金をもらわないなんて損!給付金のもらい方を紹介!

家を建てるなら給付金をもらわないなんて損!給付金のもらい方を紹介!

 

新築の家を建てる場合、さまざまな給付金を受け取ることができます。
しかしながら給付金は、自分で申請しないともらえないため、受け取り損なう人も多いようです。
ここでは給付金のもらい方について、くわしく説明していきます。

 

 

住まい給付金

 

消費税が8%に増税されて、つくられたのが住まい給付金です。
すまい給付金の公式サイト(国土交通省)には、すまい給付金は次のように説明がされています。

すまい給付金は、消費税率引上げによる住宅取得者の負担をかなりの程度緩和するために創設した制度です。消費税率8%時は収入額の目安が510万円以下の方を対象に最大30万円、10%時は収入額の目安が775万円以下の方を対象に最大50万円を給付するものです。

すまい給付金公式サイトより引用>

給付金を受け取るには、次の条件を満たす必要があります。

 

  • その住宅に住んでいる所有者であること
  • 年収が510万円以下であること
  • 5年以上の住宅ローンを利用しているか、年齢が50歳以上の現金購入者

 

さらに新築住宅の場合は、次の条件もクリアしなければいけません。

 

  • 床面積が50平方メートル以上あること
  • 第三者機関の検査で住宅が一定以上の品質であると認められていること

 

住まい給付金を受け取るには、住宅を取得した日から1年3ヶ月以内に申請をしなければいけません。
申請書は国土交通省のホームページでダウンロードして、記入後必要書類と一緒に提出しましょう。

 

 

消費税10%引き上げ後のすまい給付金はどうなるの?

 

今、家づくりを検討されている方が最も気になるのが消費税10%の引き上げですね。
すまい給付金については、国土交通省が消費税10%の引き上げ後も継続することを発表しています。

 

消費税10%引き上げ後のすまい給付金のポイントは次のように発表されています。

 

  • 増税後、給付額が最大50万円まで拡大します
  • 増税後、給付対象者も収入額の目安が775万円以下まで拡大します
  • 新築/中古、住宅ローン利用/現金取得のいずれも対象(現金取得の場合は追加要件あり)
  • 申請は、取得住宅を所有している人(持分保有者)単位で
  • 給付額は、収入と取得住宅の持分割合に応じて
  • 入居後すぐに申請可(確定申告とは別に行う)。申請期限は引渡しから1年3ヶ月以内
  • 平成33年12月までに引渡し・入居した住宅が対象

 

詳しくは、公式サイトをご覧ください。

 

 

ゼロエネ住宅補助金(ZEH(ゼッチ)補助金)

 

ゼロエネ住宅補助金とは、消費エネルギーがゼロ以下の環境にやさしい住宅を建てた人が受け取れる給付金です。

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、「外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅」です。

<引用:環境省「ZEH(ゼッチ)関連事業(補助金)について」公式サイトより>

ゼロエネ住宅補助金

 

受け取るためには、ZEH認定ビルダーに家を建ててもらう必要があります。
ZEH認定ビルダーとは、ZEHを広めるために資格を与えられているハウスメーカーなどの業者のことです。

 

家を建ててもらうと、ZEH認定申請や給付金の申請は全て代行で手配してくれます。

給付金交付されることが決定したら工事が着工になり、住宅が完成してから給付金が支給されます。

 

その他の給付金

 

その他に受け取れる給付金には、次のようなものがあります。

 

  • 住宅ローン控除
  • 自治体の給付金
  • 地域型住宅グリーン化補助金
  • エネファーム補助金

控除と給付金

 

住宅ローン控除は、家を建てるために利用した住宅ローンの残高に応じて、税金が減額されるシステムです。
ローン期間が10年以上という条件をクリアしていれば、10年間控除を受けることができます。

 

各自治体の給付金を含め、その他の給付金もゼロエネ住宅補助金と同様に、地球環境によい家を建てた人に支給される傾向にあります。
申請方法で少し複雑なのは、エネファーム補助金です。
ハウスメーカーでは申請を代行してくれるところが多いので、相談してみてはいかがでしょうか。

 

給付金はすべて申請すると、数十万円から100万円受け取れる場合もあります。

申請せずに受け取らないのは非常にもったいないので、しっかりチェックしておきましょう。