家を建てる時に間取りで失敗しないプラン作成の3つのポイント!

家を建てる時に間取りで失敗しないプラン作成の3つのポイント!

 

家を建てる時に最も頭を悩ますのは、間取りのプラン作成です。
間取りを決める時、失敗しないためにはどうすればいいのでしょうか。
成功するプラン作成のポイントについて、経験者の意見を参考に考えてみましょう。

 

 

間取りで失敗した例

 

家を建てる時は完璧だと思っていた間取りでも、実際に住んでみると失敗したというケースはたくさんあります。
間取りの失敗例には、次のようなものがあるようです。

 

  • 収納の数や使い勝手
  • 玄関が暗い
  • リビングが狭い
  • 吹き抜けで夏は暑く冬は寒い

 

一番多いのは収納に関する失敗で、圧倒的に収納が足りなかったという人が多いようです。
またウォークインクローゼットも、意外とデットスペースが多く使い勝手も悪いという意見が目立ちます。

 

収納は多い方がいい

 

リビングの失敗は、横に和室を作ったがためにリビングが狭くなったという失敗が多いです。
解放感のある吹き抜けは、住んでから光熱費の請求額を見てびっくりする人が少なくないようです。

 

間取りで成功した例

 

では実際に暮らしてみて、成功したと感じる間取りを聞いてみたところ、次のような結果になりました。

 

  • 対面キッチンで家事がしやすくなった
  • 収納スペースを十分とったのでスッキリ片付く
  • 家族みんなでくつろげる広いリビング

 

成功例で一番多い意見は、対面キッチンにして子供の姿を見ながら料理ができるようになったというものです。
キッチンの中が見えないので、急な来客でもあわてて片付けなくていいのも魅力のようです。

 

対面キッチン

 

収納はたくさん作るべきという先輩の意見を参考にして、収納で成功した人も多いようです。
和室を作らずにリビングを広くすることで、快適な空間になったという意見も多いです。

 

失敗しないプラン作成のポイント

 

では間取りで失敗しないためには、どのようなことに気をつけたらいいのでしょうか。
経験者のアドバイスをまとめると、ポイントは次のようになります。

 

  • 家族の要望をよく聞く
  • 間取りの失敗例成功例をチェックする
  • 専門家のアドバイスを参考にする

 

失敗しないプラン作成のポイント

 

いい間取りというのは、家族全員が快適に過ごせる間取りです。
ですから家族が家に何を求めているのか、どんな家に住みたいと思っているのかよく話し合うことで失敗を防ぐことができます。

 

 

また専門家や先輩の意見をよく聞いて参考にした人は、プラン作成に成功した人が多いようです。

 

 

一生のうちに何軒も家を建てる人は少ないにもかかわらず、満足する家は3軒建ててやっとできるといわれています。
それくらい間取りは難しいといえますので、じっくり時間をかけてプランを作成していきましょう。

家づくりでお悩みの方へ

家づくりを始めるけど何からすればいいのか分からない方や、すでに始めているけど不安や疑問で前に進めない方などの悩みを解決します!

家を建てるのに何からすればいいのか分からない、前に進めない悩み解決 >>