家を建てるなら木造と鉄骨造どっちを選ぶ?選び方の秘訣教えます!

家を建てるなら木造と鉄骨造どっちを選ぶ?選び方の秘訣教えます!

 

家を建てる時に、最初に考えるのは家づくりの工法だと思います。
木造にするか鉄骨造にするかで、悩む人は多いのではないでしょうか。
木造と鉄骨造のどっちを選ぶのがいいのか、選び方の秘訣をまとめてみましょう。

 

 

家の建築工法

 

家の建築工法には様々ありますが、ここでは日本の住宅でポピュラーとされる、木造住宅と鉄骨造住宅の建築工法について考えてみることにします。

 

ここで扱う木造工法とは、柱や梁などの骨組みとなる内部構造の材料に主として木材を使用している建築工法とします。

 

また鉄骨工法とは、柱や梁などの骨組みとなる内部構造の材料に主として鉄材を使用している建築工法とします。

 

それぞれの建築工法の中にも、さらに数種類の建築工法の分類がありますが、ここでは次の表にある一般的な3種類の建築工法について説明します。

 

木造工法 木造軸組工法(在来工法)
ツーバイフォー工法(2×4工法)
鉄骨造住工法 軽量鉄骨造(主にプレハブ工法)

 

木造の特徴、メリットとデメリット

 

現在の日本の住宅のうち、半分以上は木造で建築されています。
なぜ木造住宅が多く選ばれているかというと、いくつか理由があります。

 

まず第一に木造は鉄骨造に比べると、施工費用が安くすみます。
木造住宅を得意とする工務店やハウスメーカーも多いので、豊富な選択肢があるのも特徴です。また木造はデザインや間取りにおいても、自由な設計がしやすい工法です。

 

新築時はもちろんのこと、後々リフォームしたり増築したりもしやすいというメリットがあります。

ツーバイフォー住宅は、構造上の理由により在来工法よりもリフォームに制限される面が多くなります。

木造のデメリットは、鉄骨と比べて耐久性が低いため、定期的なメンテナンスが必要なことでしょう。
シロアリが発生しないようにシロアリ対策をしたり、発生してしまった場合にはシロアリ駆除が必要になります。

 

木造軸組工法(在来工法)について

木造軸組工法(在来工法)

 

在来工法といわれるように、日本では最も古くから伝わる建築工法です。
骨組みが柱や梁で建物が構成され、筋交いで補強されるのが基本構造となっています。

 

昔は家を建てるときには、大工さんが現場で木材をノコギリやノミ、カンナなどで加工して作り上げていくのが普通でしたから、大工さんの腕(技術)の力量が完成する家の品質に大きく左右されました。

 

そのため、今でも木造軸組工法で家を建てるデメリットとして、大工さんの腕によって完成度に違いがでることがいわれていますが、実は最近の木造住宅の部材はプレカット加工といって、工場であらかじめカット加工された部材を使うことが多くなっているため、大工さん(職人)の技量によって品質が影響することは少なくなっています。

 

また、木造軸組工法のデメリットしてよくいわれることに耐震性の低さがありますが、それも昔のことだと考えて間違いありません。
今は、耐震技術も進歩し、木材に金物で補強したり耐震(免震)用器具を設置することで、耐震性能は飛躍的に向上しています。

 

古くから伝わる伝統建築工法だからといって、すでに過去となっている古い情報を信じないようにしたいものです。

 

また、日本では大きな地震が起きていますが、そのようなとき被害を受けた多くの家が木造住宅だったというようなことも聞きます。
しかし、大きな被害を受けた木造住宅の多くは、かなり古い家であって、最近に建てられた家ではないことも事実です。

 

そもそも、日本の住宅でいちばん多いのは木造住宅なのですから、その割合からも木造住宅に被害が多くなったことは仕方がないことですね。

 

ツーバイフォー(2×4)工法について

ツーバイフォー工法について

 

ツーバイフォー工法は北米が発祥ということもあって、高気密高断熱となっているのが特徴で、寒い冬も比較的温かい家です。

 

部材は工場で加工した木材を建築現場で組み立てるため、自社工場を持つことができるハウスメーカーが採用している木造住宅になります。

 

断面が2インチ×4インチの角材を基本部材として使うことから、ツーバイフォーと呼ばれるようになりました。
ツーバイフォーの角材で作られた枠に構造用合板を打ち付けてパネル状にするため、枠組壁工法ともいわれます。

 

パネルで耐震性を高めており、パネルの構成には構造計算によって設計されることになります。
そのため、パネルを壊すようなリフォームや増改築などをすると耐震性に問題が生じることがデメリットしていわれています。

 

実は、ツーバイフォー住宅であってもパネルに手を加えるようなリフォームや増改築は可能なのですが(構造計算さえできていれば)、ハウスメーカーで建てたツーバイフォー住宅の場合には、リフォームや増改築などをするとそのハウスメーカーの保証が受けられなくなってしまうため、ツーバイフォー住宅はリフォームや増改築ができないように思われているようです。

 

また、ツーバイフォー工法が日本で導入された歴史は、在来工法にくらべて浅いため、ツーバイフォー工法のリフォームや増改築ができる業者が少ないこともネックになっています。(最近では、多くなってきているらしいです。)

 

鉄骨造の特徴、メリットとデメリット

 

鉄骨造住宅とは、柱や梁など木造住宅の構造体の骨組みにおいて木材を使用している部分を鉄材にして作られた住宅です。

 

重量鉄骨造(鋼材の厚みが6mm以上)と軽量鉄骨造(鋼材の厚みが6mm未満)があり、重量鉄骨造は、マンションや工業施設など比較的大きな建物で採用され、軽量鉄骨造は一般住宅やアパートなどで採用されています。

 

ハウスメーカーが住宅用の鉄骨造で扱いの多いのが軽量鉄骨住宅です。

 

なお、ハウスメーカーの中でも旭化成ホームズのヘーベルハウスのように重量鉄骨造を採用している住宅もあります。

 

鉄骨造の最大のメリットは、骨組みに鉄材を使用してることによる建物の頑丈性の高さです。

 

重量鉄骨と軽量鉄骨のどちらの材料を使うかで少し違いがありますが、耐震性と耐火性も高い家になるでしょう。

 

鉄骨造の家

 

そのために、木造住宅よりも火災保険が安くなるというメリットがあります。また木造ではできないような、大空間のある家を造ることもできます。

 

ただ施工費用と解体費用が木造よりも高くなり、リフォームもしにくいというデメリットがあります。
住宅の重量が重いため、地盤のしっかりした土地に建てなくてはいけないという条件もついてきます。

 

大手ハウスメーカーの一般住宅で扱われる軽量鉄骨住宅は、プレハブ工法が多く採用されています。

 

プレハブ工法による軽量鉄骨住宅について

プレハブ工法による軽量鉄骨住宅

 

プレハブ工法とは、建物の一部の部材もしくは全てをあらかじめ工場で製作し、それを建築現場に運んで組み立てる工法のことです。
大手ハウスメーカーの軽量鉄骨住宅では、このプレハブ工法が多く採用されています。

 

そのため、軽量鉄骨住宅のことをプレハブ住宅と理解している方が多いのですが、それで間違ってはいません。
ただし、プレハブ工法で建てられる木造住宅もあるので、軽量鉄骨住宅だけがプレハブ住宅というわけではないことを理解しておきましょう。

 

実は、私が建てた家がこのプレハブ工法による軽量鉄骨造のプレハブ住宅です。
建築工程としては、土地の地盤改良が行われた後に基礎工事となり、その後ハウスメーカーの工場で生産された家のパーツが数台のトラックで運ばれてきて現場で組み立てられました。

 

ハウスメーカーの営業マンからは、
「工場から運ばれてくるとあっとい間に外観は完成しますよ。」
とあらかじめ聞いていたものの、本当にあっという間に建ってしまいました。
その後、内装工事や設備工事が行われていきました。

 

プレハブ住宅のメリットして、品質が一定で手抜き工事などの心配がないことがいわれていますが、確かにその通りだということが実感できました。

 

鉄骨造住宅は、鉄を使っているため家の重量が重くなります。
そのため、ハウスメーカーは土地の地盤調査はしっかりと行い、調査結果にもとづき地盤改良が必要な場合は必ず行います。

 

地盤調査

 

実際、私の土地も鉄骨造住宅を建てるためには地盤改良をしなけばならない調査結果となったため、地盤改良を行いました。
そのようなことからも、家のたて付けが悪いということもなく、工事不良などの不具合もありません。

 

たまにテレビで欠陥住宅のことが放送され、家が傾いて床に置いた玉がころがるとか、ドアがかってに開いてしまうというようなずさんな手抜き工事の実態を目にすることがありますが、私のプレハブ住宅の場合は今のところそのような症状は一切でていません。

 

木造と鉄骨造どっちにする?選び方の秘訣

木造と鉄骨造の選び方

 

木造と鉄骨造はそれぞれにメリットとデメリットがあり、どちらがいいとは一概にはいえません。

 

それではどうやって選べばいいかというと、自分がどんな家に住みたいかを第一に考えるといいでしょう。

 

カタログやモデルハウスを見て、デザインや雰囲気が自分の理想とぴったり合う方を選べばいいです。
木の匂いやぬくもりにほっとする人は、木造住宅のあたたかさに落ち着きを感じるでしょう。

 

大きな窓や空間を求める人は、開放感のある鉄骨の家に魅力を感じるかもしれません。
ただし鉄骨は施工費用が高く土地も選ぶため、条件が合わなくて選択肢からはずれる場合もあります。

 

いずれにしても、木造と鉄骨造のどっちにするかを選ぶ一番の秘訣は、自分の目で見てふれて感じることです。

 

木造と鉄骨造選びの秘訣>

 

住宅関連の本やネットに書いてある木造と鉄骨造のメリットやデメリットは参考にはなりますが、やはり一般論の面が強いので自分で確かめてみないと分からないことは多いですね。

 

例えば、外からの音の遮音性や2階からの振動などは自分で感じて確かめるといいですね。
※これは、建築工法での違いだけではなく、同じ工法であっても違いはあります。

 

ハウスメーカーの中には、少ないですが木造と鉄骨の両方を扱っているところもあります。
木造も鉄骨もそれぞれいいところがたくさんあるので、予算と条件に見合う方を選べば後悔することはないでしょう。