家を建てる時の最適な業者選びの方法を家づくり経験者が教えます!

家を建てる時の最適な業者選びの方法を家づくり経験者が教えます!

この記事は、家を建てるときに理想の家づくりを実現してくれる自分や家族にとって最適な業者選びの方法について解説しています。

家を建てる人にとって、最適な業者選びをして理想の家づくりに成功したいという願いは、なんとしてでも叶えたい願いでしょう。

 

その願いを叶えるためには、あなた自身が自分や家族にとって最適な業者を選ぶために必要な家づくりの知識を身につけ、業者選びの行動を惜しまず努力することが必要です。

 

『それは分かるけど、実際どうしていいのか見当がつかない』という方もおられるでしょう。

 

そこでここでは、家づくり経験者の私が、最適な業者選びをするために必要な家づくりの知識の身につけ方と、効率的で効果の高い行動についてお伝えします。

 

ではまいりましょう!

 

最適な業者選びをするために覚えておきたいこと

ここでは、家を建てる時の最適な業者選びの方法をテーマに解説しますが、その前にこれだけは覚えておいてほしい大事なことを最初にお伝えしたいと思います。

 

それは、

『最適な業者選びを行い、理想の家づくりに成功できるか否かは、あなたしだい』ということです。

 

最適な業者を探し見つけて契約できるかできないかは、あなたの行動力と判断力にかかっているといういことです。

 

家づくりに関してアドバイスをしてくれたり意見を言ってくれる人はいるでしょうが、最終的に1社に決めて契約の判断するのは他の誰でもなくあなたです。

 

そのためには、数ある注文住宅会社を徹底研究して比較検討した上で、唯一の1社を決めなければなりません。

 

もしその1社の選択に失敗をすると一生に1度となるかもしれない家づくりが残念な結果になってしまいます。

こう書くと、プレッシャーに感じたり心配や不安を覚える方もおられると思いますが、安心してください。
ここで解説する内容をご理解していただければ、理想の家づくりに前進していけます。

あなたにとって理想を家を建てる業者とは?

『こんな家を建てて暮らしたい』という希望は、人それぞに違いがあります。
例えば、

  • 外観(デザイン)優先
  • 内装優先
  • 強度優先
  • 最新技術や最新設備優先
  • 知名度優先
  • コスト優先
  • 省エネ住宅優先
  • 健康住宅優先
  • こだわり優先
  • 趣味で使う部屋優先
  • 家族の要望優先

などなど、他にもたくさんあると思いますし、これらの願いを複合させた家にしたいという方もいるでしょう。

 

例えば、

・おしゃれな外観と内装で、強度もある家にしたい。
・家族が安心して暮らせる健康住宅で、コストは抑えたい。
・外観はカッコいいローコスト住宅で、さらに省エネに優れて快適に暮らせる家にしたい。
・趣味で使う部屋を確保しつつ、奥さんの要望は外せない。

このような希望や要望は、おそらく100人の施主がいたら100通りあると言ってもいいでしょう。

 

そして、それぞれの違った希望や要望を家という形にできる業者にも、それぞれに適した業者と適さない業者が存在します。

 

つまり、ある人にとって最適な業者であってもある人にとっては最適ではないことは普通に起こりえることです。

 

例えば、AさんBさんの二人の施主がいるとします。

 

Aさんは、知名度や最新技術と工場生産を優先する方ならば、大手ハウスメーカーが適しているでしょう。

 

かたやBさんは、個性的なデザインや各所にこだわりが多い方ならば、工務店やデザイン事務所が適していることになります。

 

Bさんの願いも大手ハウスメーカーならば叶えられそうに思えますが、大手ハウスメーカーの家の中には、自由設計といいながらも、その建築構造によって制限されることが多く自由度が低い商品が少なくありません。

 

Bさんのように、個性的な外観デザインやこだわりを重視する人にとっては、大手ハウスメーカーで理想的な家づくりの願いが叶えられない場合もあるわけです。

 

もし仮にAさんBさんに、「我が家を建てた○○ハウスはおすすめだよ!ちょっと高いけど・・・」と言って、Bさんが○○ハウスで家づくりを進めてしまうと、満足できる家にならない可能性が高くなってしまいますね。

 

そして「ちょっと高いけど・・・」が、Bさんにとって住宅ローンが重くのしかかってしまっては、後悔ばかりのマイホームになってしまいます。
重くのしかかる住宅ローン返済

人の意見は参考程度にして、最適な業者選びをするのはあくまで自分だということを覚えておくといいでしょう。
そのためには、最適な業者選びができるための知識を身につけ行動し、判断できる力を養わなければなりません。

最適な業者選びをするための知識の身につけ方

家づくりに必要な基礎知識は、本やネットなどで勉強できます。

 

例えば、建築工法には木造、鉄骨造、ツーバイフォー、コンクリート造などがあるとか、注文住宅会社の種類と特徴、住宅ローンの知識などですね。

 

ここでは、家づくりの基礎知識については割愛して、最適な業者選びをするための知識の身につけ方に的を絞って解説いたします。

 

それは、ズバリ!建築エリアの注文住宅会社の情報を集めて、どんな業者がありどんな家を建てることができるかを研究することです。

 

おそらく、ほとんどの方が自分が家を建てることを計画するまで、どんな業者が存在しているかをあまり意識していなかったのではないでしょうか。

 

例えば、新聞の折込広告などで毎週のように入ってくる住宅関連の広告チラシなども、それほど気にすることもなかった方が、いざ自分が家を建てるとなると、そんなチラシが目に入るようになってくるものです。

 

チラシを見てはじめて、「こんな工務店があったのかあ?」と知ることも珍しくありませんね。

 

大手ハウスメーカーが建ち並ぶ住宅展示場のことは知っていても、地元工務店のことはあまり知らないという方がほどんどでしょう。

 

ところが、地域にもよりますが、注文住宅の建築業者は地元工務店や建築設計事務所、そして住宅展示場に出展していないハウスメーカーなどを探すと、かなり多く存在していることが分かります。

自分にとって最適な業者選びをするためには、どんな注文住宅会社があり、どんな家を建てることができるのかを知らなければ検討もできませんから、建築予定エリアの住宅会社の資料収集によって業者の研究をすることが大切です。

注文住宅の資料収集はネット利用が主流

注文住宅の資料収集というと、以前は住宅展示場に行きモデルハウスを見学してカタログ類をもらうのが一般的でした。

 

しかしインターネットが普及した現在は、ネットで資料依頼をして手元に届けてもらう方法が主流になっています。

 

そもそも住宅展示場に行っても、思うほど簡単に多くの住宅メーカーの資料を集めることはできません。

 

モデルハウスに入って、「カタログだけください」で終われればいいのですが、見学をしたり営業マンの話を聞いたり、アンケート記入を促されたりすると案外時間がかかります。

 

それに、住宅展示場に出展している会社は、ほとんどが大手ハウスメーカーに限られてしまいます。

 

このように思うように資料収集ができない住宅展示場に比べ、ネットを利用すればパソコンやスマホから簡単に資料収集ができます。

 

東洋経済オンラインの記事にも、住宅展示場の来場者減少について、次の内容が書かれています。(一部抜粋しています)

(引用)

土日祝祭日でも閑散としている住宅展示場
住宅業界を長らく取材してきた筆者が「これは奇妙だな」と感じ続けてきたものがある。住宅展示場(総合住宅展示場)のビジネスモデルだ。

 

長く「夢のマイホーム」実現のための場所として認知されてきたものだが、近年はとにかく人の姿を見かけない。取材に回っていての実感として平日はともかく、土日祝祭日も閑散としていることが多い。そこに出展しているハウスメーカーなどの住宅事業者、運営会社にとって、経営の重荷にならないのかと感じてしまう。このビジネスモデルは今、いったい、どうなっているのだろうか。

 

(中略)

 

情報取得の変化
もう1つの理由として、情報取得のあり方が大きく変わったことがあげられる。以前は「家を建てよう」と決意した場合、「まずは住宅展示場のモデルハウスを巡ってみよう」と考える人たちがほとんどだった。

 

現在はホームページをはじめとするインターネット経由による情報入手を第一に重視する消費者が増えている。お気に入りの住宅事業者や建物のデザインなど、ある程度の情報を仕入れ、絞り込んでいるわけだ。

 

このため、住宅展示場を訪れる際も限られたモデルハウスしか見学しなくなっている。結果的に来場頻度が減り、展示場全体としても盛り上がらないというわけだ。

 

引用元:閑古鳥の住宅展示場で一体何が起きているか(東洋経済オンライン)

このように、最近の傾向としては、家づくりの資料収集をネットで効率よく進めて知識を深め、その後、住宅展示場を利用するのが主流になりつつあり、それが最適な業者選びの可能性を高める方法になっています。

最適な業者選びのためのネット活用法とは

ネットから資料依頼をする方法としては、次の2つがあります。

  • 住宅メーカーに個別で資料請求する
  • 一括資料請求サイトを利用する

 

効率的に資料収集をする手順としては、まず一括資料請求サイトを利用して一回で多くの資料を集めてから、一括資料請求サイトに登録していない住宅会社には個別で請求するという段取りが良いでしょう。

 

さらに一括資料請求サイトの依頼にもおすすめの利用方法があります。

 

こちらの記事にまとめましたので、参考にしてみてください。

 

 

また、上記の一括資料請求の利用方法は、最適な業者選びをするためにはかかせない、相見積もりを取って比較検討する秘策ともなります。

 

相見積もりとは、複数業者に見積もりを依頼することですが、はじめての家づくりをする人にとっては、どうすればいいのか分からずハードルが高いといえます。

 

しかし、実は一括資料請求サイトで資料請求しつつ、同時に相見積もりが取れたり、相見積もりのコツを掴むことができる、まさに一石二鳥とも言える手法があります。

 

その手法について、こちらの記事にまとめましたので、参考にしてみてください。

 

 

上記の記事の手法の手順は、この上で紹介した一括資料請求サイトの依頼方法と変わりありませんが、相見積もりで最適な業者選びをするためのコツなどを解説しています。

まとめ

家を建てるとき最適な業者を選ぶための方法について解説しました。

 

ポイントは、

  1. 資料収集をして注文住宅業者の研究をすることで知識を深める
  2. 相見積もりで建築プランや建築費用を比較検討して、理想とする家を建ててくれる業者を選択する

言葉にすると、ポイントはたった2つですが、実際に行うとなると簡単ではありませんし、決断するときの勇気もいります。

 

しかし、この記事内で紹介した方法を参考にしていただければ、決して困難なことではなくなると思います。

 

あなたにとって最適な業者選びのお役に立てれば幸いです。

家づくりでお悩みの方へ

家づくりを始めるけど何からすればいいのか分からない方や、すでに始めているけど不安や疑問で前に進めない方などの悩みを解決します!

家を建てるのに何からすればいいのか分からない、前に進めない悩み解決 >>